FC2ブログ

【BOOTH】ヴォイニッチの科学書音源ディスク 2017年版完売のお知らせ

ヴォイニッチの科学書関連のオリジナル科学コンテンツ通販サイト「BOOTH ヴォイニッチの科学書購買部」を多数ご利用いただきありがとうございます。
https://obio.booth.pm/
最新科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」の音源ディスク2017年版が完売となりましたのでお知らせいたします。なお、2017年の音源とPDF資料は「商品番号-004R BR版 MP3 & PDF 最新科学情報ポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」2003年~2018年コンプリート」に収載されていますので、併せてお知らせいたします。

スポンサーサイト
2019-06-11 : お知らせ : コメント : 0 :

【メモ】目が全自動・全録できる(できた)ことについて

以前、目が全自動・全録できていたのですが、最近機能がほぼ停止したようなので、忘れないうちに記録しておきます。

目で見たものを全部勝手に映像として記録しちゃう人は数パーセントいると聞いたことがあります。なので、特別珍しいことではないようです。わたしも、40歳代半ばまではできていましたが、最近(50歳過ぎ)、かなり機能が低下してきました。
生徒・学生時代、普段、全然勉強していないように見えるのにテストの点だけ良い、って生徒はたいていこれができる人だったと思います。だって、テスト中に、過去の先生の板書とか、参考書のマーカーを引いた場所とかを脳内再生できるんですから。

#その理屈で行けば、東京大学の学生さんとかは、ほとんど全員これができるのでは?

大人になると、モノの置き場所を見つけ出すのに使うようなケースが増えます。誰かに「〇〇知りませんか?」とたずねられて、自分が使ったことがないものでも、自分が過去に見た風景を再生して、それを見て探し出すわけです。
面白いことにこれ、一部分だけ拡大表示することもできるんです。録画した時は漫然と風景を見ていたはずなのに、あとでなにか尋ねられると、そのシーンを脳内再生して、しかも、再生を一時停止し、部分拡大(正確にはある特定の一部分に注目してみることができる)できるので「〇〇って××だったよね」って言われたときに、それをおおこなって確認して「あぁ、そうだったね」ってなります。

ところがこの機能、前述の通り40歳代半ば以降、急速に能力が低下しました。50歳を過ぎた今では、全自動の機能はほぼ停止し、「これは覚えておかなくては」というものしか録画できません。過去に録画した映像の脳内再生機能はまだ割と残っているようです。
歳をとると新しいものの録画が難しくなって、古いものの再生はできるということは、人間の脳の記憶容量は40年分くらい、ってことなんでしょうね。

ということは、今の若い方で「自分は全自動・全録」ができる、と思っていても年を取るとその機能は失われるので、今を大切にしないといけないですね。頑張って維持しようとしても、脳の容量なんて一世代や二世代を経た程度ではそんなに大きくなるような進化をするはずがないので。
「いやいや、自分は60歳過ぎだけどまだできる」って方がおられたらお声掛けください。

また気が付いた時には追記します。
2019-05-17 : 未分類 : コメント : 0 :

【メモ】夢の中で、これは夢だと認識することについて

夢の中で「これは夢だ」と認識して自分の意志で行動したり、起きたりすることができる。周りに話すとできない人が多いようなのでメモ書き。

・夢の世界設定が現実と全く同じだと夢の中で「これは夢だ」と認識できない。
・夢の世界設定が現実と違うと夢の中で「これは夢だ」と認識できる。たとえば、死んだ親が若い姿で登場する、自分が行くはずのない高所、ありえない想像を絶する世界設定など。夢の中で現実世界との差異を理解しているっぽい。
・プレイしたことのあるゲーム世界観の中では夢と認識できないっぽい。

《これは夢だと認識できた場合》
・多くの場合で「これは夢だ」と超明確に認識して行動できる。
・夢の中で、周りの登場人物に「これって夢だよね」って言いふらしたりする。
・夢の中の登場人物に「これは夢だからこんなことしてもいいんだよね」と言っても、相手はその話には乗ってこないが、私の行動には普通にリアクションする。
・自分が夢の中で死んじゃいそうなシチュエーションで「これは夢だ起きろ」と激しく念じると起きることができる。
・「起きろ」と念じても目は覚めず、そこで夢が終わるだけのパターンもある。
・自分が経験のないことをしようとするとそこで夢が終わったり、目が覚めたりするような気がする。
・ただし、自分の知らない登場人物は出てくる。
・倫理的に問題がある行動はできないような気がする。夢だからと窃盗や破壊行動、殺人・自殺などをしたことは一度もない、女性の服の中に手を入れたときはお腹を触ったところで夢が終わった(残念)。

《同様の他の人との違い》
・人によっては、本当に自由に行動できる人もいるらしいが、上述の通り倫理上問題がある行為はできない仕組みになっているっぽい。



また気が付いた時には追記します。
2019-05-16 : 未分類 : コメント : 0 :

ナショナルジオグラフィック 2019年5月号「色あせない才能 ダ・ヴィンチ」

今日読んだ雑誌
ナショナルジオグラフィック 2019年5月号
特集記事は「色あせない才能 ダ・ヴィンチ」

ナショナルジオグラフィック 2019年5月号「色あせない才能 ダ・ヴィンチ」

〇色あせない才能 ダ・ヴィンチ
ナショナルジオグラフィック 2019年5月号「色あせない才能 ダ・ヴィンチ」

あまり盛り上がっていませんが、今年はレオナルド・ダ・ヴィンチ没後ちょうど500年となります。
ダヴィンチは、解剖学者、画家、科学者、工学者、発明家、音楽家、地図製作者として創造性を発揮し、多くを記録に残しました。没後、記録の4分の3程度は失われたと考えられていますが、それでもダ・ヴィンチの残したものに関する記録は現代の芸術や化学に新たな知見をもたらしています。
ダ・ヴィンチは亡くなる前に自分の描いたものをすべて信頼できる弟子にゆだねたそうですが、わずか数十年で散逸してしまった・・・というのが残念です。なにしてたんだ、弟子・・・

〇小さなプラスチック、大きな問題
ナショナルジオグラフィック 2019年5月号「色あせない才能 ダ・ヴィンチ」

投棄されたプラスチックはやがて海に至ります。その量は世界で毎年900万トンとも見積もられています。このプラスチックがどうなるかといえば、日光や波にさらされて砕け、1ミリ以下のマイクロプラスチックになります。近年、海洋のマイクロプラスチックが新たな環境破壊の原因として問題視されています。マイクロプラスチックが及ぼす害についてはまだ科学的な結論は出ていません。しかし、マイクロプラスチックを幼魚が食べてしまうことによる生態系崩壊の危機が警告されています。

魚類は人間だけでなく、多くの海鳥や海洋生物にとって不可欠なタンパク源です。実験室での観察ではプラスチックを摂取した魚は食欲低下や発育不全が見られることがわかっています。そのような現象は幼魚が成魚になる確率を下げ、魚全体の個体数に大きな影響を及ぼすことによって生態系に影響を与える可能性がある、という指摘です。

今のところ、マイクロプラスチックの人間への影響も分かっていませんが、海の魚を丸ごと食べる料理では私たちも確実にマイクロプラスチックを摂取していることになります。そのうちプラスチックを食べることの害が科学的に明らかになり、「天然魚なんて危なくて食べられない」なんて時代が来てしまうのですかね。

〇よみがえる野生の鼓動
ナショナルジオグラフィック 2019年5月号「色あせない才能 ダ・ヴィンチ」

今号で一番良かった記事でした。
内戦で壊滅的な被害を受けたモザンビーク中部にあるゴロンゴーザ国立公園をわずか十数年で再生させた、現在も進行中のプロジェクトのお話。ここでは自然保護のために住民を追い出して動物を囲い込むのではなく、自然と人間の新たな共存の道を探りながら再生を果たした点が、他に類を見ません。

活動家の人たち(慈善団体、学者、政府)は野生生物を守り地元住民も恩恵を受けられる公園を目指し、内戦の再燃で衝突が断続的に続く中、動物を守り、農地を耕作し、子供たちに教育を施しています。

内戦で自然が破壊されるのは問題外の悪いこととしても、そのほかに人口増加による自然破壊があります。村に人が増えれば動物もたくさん殺して食べなければならない、森林も焼いて畑にしなければならない、そういうことです。そこで、このプロジェクトで取り組まれたのは女性の人権擁護でした。

少女の早婚と多産によって人口が増えることを抑えるために、少女が通う学校を国立公園周辺に多数設置し、人員も派遣し、教育を実施しました。また、公園管理者など女性が活躍する場を国が準備したことによって女性が社会で活躍できるようになり、自然と早婚・多産は減っているのだそうです。また、主食のトウモロコシを育てるために森林を焼く農業も、気候に適して付加価値の高いコーヒー豆の栽培を普及させ、豆を国営企業が良い値段で買うことによって、山を焼くから、売って儲けて食料を買う生活に生活習慣を変えることに成功し、自然保護、人権擁護、貧困緩和を同時に達成したのだそうです。すごい、すごすぎる。

今後の課題は、現在は学者や外国人がこの再生プロジェクトに多くかかわっていますが、これをモザンビーク人が中心となって行い、公園の情報を世界に発信することなのだそうです。内戦もなくなるといいですね。



2019-05-09 : 最近買った本 : コメント : 0 :

PRESIDENT 2019年5月13日号 「新・日本経済」入門

今日読んだ雑誌
PRESIDENT 2019年5月13日号
特集記事は「『新・日本経済』入門」

PRESIDENT 2019年5月13日号 「新・日本経済」入門

〇コンピューターに負けない人間をどう育てるか

自動車の自動運転の技術は現状はグーグル傘下のウェイモ社が飛びぬけていて、すでに地球何百周分もの公道自動運転テストをしています。米国ではすでにストリートビューの撮影に自動運転車が使用されているレベルです。

自動運転を実現するにあたっての最大の難関は「想定外のアクシデントに自動対応すること」で、これは実際の街中で自動運転車を走らせてAIに経験させる以外、AIを鍛える方法はないといいます。テストコースの中でロープで引っ張られた人形を車の前に飛び出させても何の役にも立たないわけです。

その点、日本は公道での実験が難しく、技術者が頭の中で「想定外を想定」しなければならず、この先、自動運転の時代が本格的にやってきたときには、走行実験を積んでいない日本は手も足も出なくなるだろうと記事では予測しています。基幹技術となるAIも、発表される論文数では中国が圧倒しており、特許数でも日本に圧倒的大差をつけて米中が競っている状況です。AIの覇権争いは完全に米中に絞られて日本が付け入るスキはほとんどなくなってしまいました。

もっとも、日本がまともに先端製品を作れる国の中では圧倒的に人件費が安い国になったので、日本メーカーの国内製造回帰や、安い人件費と高い製造技術に惹かれて日本国内製造を始める中国メーカーも増えてきていますので、モノづくりに還るのも時代の循環なのかもしれません・・・従業員の給料をあげずにお金を貯めこんだ日本企業の自業自得、というところでしょうか。

PRESIDENT 2019年5月13日号 「新・日本経済」入門

〇これから職場で加賀客人、沈没する人

しばしば、いろいろな角度から議論されるサラリーマンの「副業」ですが、ここでも議論が繰り広げられています。「副業をすることによって、本業の方に新たなスキルを持ち帰り生かすことができる」という賛成論、「本業に専念してほしい」という主に多くの大企業。どちらの意見が正しい、間違いという結論は永遠に出ないのでしょうけれど、会社にとって価値のある人は副業をする能力もあって会社への帰属意識がなくなってしまう、一方で目の前のことしかきない人は年を取ると本業もまともにできなくなって、必死で会社にしがみつく社員になってしまう、というのが人事関係者のジレンマのようです。

本書では「社内ベンチャー」が両者のいいとこどりだ、って書いてますけど、イマドキ社内ベンチャーとかめんどくさいネゴが必要なことするくらいなら脱サラして独立しますよね・・・。

PRESIDENT 2019年5月13日号 「新・日本経済」入門



2019-05-07 : 最近買った本 : コメント : 0 :

ゲノム編集からはじまる新世界(小林雅一/朝日新聞出版)

先日読んだ本
ゲノム編集からはじまる新世界(小林雅一/朝日新聞出版)

ゲノム編集からはじまる新世界(小林雅一/朝日新聞出版)

ゲノム編集が私たちの生活に与える影響について、食と医療を中心にまとめられています。科学書というよりは新聞記事に近いテイストの文章です。ゲノム編集技術 CRISPR/Cas9(クリスパー・キャス9)についても科学的な技術解説や発明の歴史よりも特許紛争などに重点が置かれているところが本書の特徴かと思います。

私たち人間の全DNAは便宜上「G」「C」「A」「T」の文字に置き換えて表現されますが、それらが32億文字並んだものが私たちの身体の設計図です。そのうち2%は「遺伝子」と呼ばれ、たんぱく質(酵素)の設計図として直接身体を作り上げるために使用されますが、残り98%は遺伝子の働きの調節をする役目を持っていたり、進化の過程で不要になった(たとえば尻尾とか)のごみ遺伝子です。この設計図を書き換えることによって病気を治したり、可能性としては黒髪を銀髪に変えたりすることができます。
ゲノム編集からはじまる新世界(小林雅一/朝日新聞出版)ゲノム編集からはじまる新世界(小林雅一/朝日新聞出版)

ゲノム編集は私たちの「食」をどう変えるのか。遺伝子組み換え食品は発売されるようになってから20年を経過しても私たちの食生活に定着した、とはいいがたい状況にあります。一方で、ガンマ線照射食品は原発事故で大問題となっている放射線を照射した農作物でありながら受け入れられています(あるいは、放射線照射していると知らずに食べています)。この違いについて本書では、その技術が開発された時代背景が、市場に受け入れられるかどうかを決定しているとしています。

放射線照射で遺伝子に異常を起こさせて品種改良したり、ジャガイモに放射線照射して芽の毒を消したりする技術は食料不足の時代に開発されたため受け入れられ、その後先進国では食料供給の不安が解消されたために遺伝子組み換えではなく、天然ものが求められるようになった、というわけです。

これから CRISPR/Cas9 で遺伝子をノックアウトして機能性を高めた農作物が市場に出てくるわけですが、行われている遺伝子操作を丁寧に説明して、遺伝子組み換え作物のように昆虫の遺伝子を組み込んだりはしていないこと、もともと農作物で機能していた生理活性を強化しただけのものであること、そんなことを市場が理解してもらえるように、「安心」と「安全」を両立できるよう説明できるかどうかが遺伝子編集作物の成否を握っていると思います。科学的知識の乏しい執筆者や低俗な週刊誌がか売り上増のために無意味に危険をあおらないことを祈っています。

だって、日本は食糧の自給ができない国なのですから、科学技術を駆使しして、狭い農耕地、少ない生産量で充分な栄養を満たす科学技術を継続的に発展させることはとても大切なことなのです。
ゲノム編集からはじまる新世界(小林雅一/朝日新聞出版)ゲノム編集からはじまる新世界(小林雅一/朝日新聞出版)


2019-05-07 : 最近買った本 : コメント : 0 :

阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA)

2019年5月5日に開催しましたイベントをイラストレーターの さの さくら さんが漫画にしてくださいました。会場の雰囲気をお楽しみくださいね。サムネイルをクリックすると拡大表示します。
さの さくらさんのそのほかの作品はツイッターで公開されています。こちら
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA)阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA)阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA)
(C) さの さくら 2019
5月5日に開催しましたイベントに多数ご来場いただきありがとうございました。今回は最後の質問&フリートークの時間も大変充実した内容で、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。当日の様子をスナップ写真でご紹介します。

阿佐ヶ谷LoftA は東京JR中央総武線阿佐ヶ谷駅近くの商店街、パールセンター内のビルの地下一階にあります。次回来場してくださる方は駅から歩いてきて左手にあるこのネオンサインが目印です。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

会場設営は毎回、前売りチケットの枚数に合わせてアレンジします。今回は結構余裕のある配置になりました。みなさん、いつも以上にランチを楽しんでいただけたようです。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

今回のテーマは「遺伝子書き換え」。遺伝子の基礎から医療と食料生産への応用、そして、人間自身の遺伝子が書き換えられる時代への展望までみなさんと勉強しました。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

ライブ中の様子。いつも物販やホールマイクを担当してくださるメイドさんは今日は大正浪漫でした。なかなか人気で、たくさんの方が一緒に記念撮影しておられました。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

遺伝子編集の最新技術、CRISPER/Cas9 についても、その手法やこれまでの技術との違いについてもできるだけわかりやすくお話ししたつもりです。ご理解いただけましたでしょうか。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

もちろん、「遺伝子って何ぞや?」というところもしっかりと。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

おまけ、メイドのサポートをするチビメイド。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

メイドさんの「ヨメ」のお二人。着物+ロングスカートの現代和装です。このイベントでドールをかわいいと思ってお迎えした方がいらっしゃいました。ちょっとびっくりですが、末永くお幸せに。
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ 

次回は2019年8月3日(土曜日)19時開演の夜時間開催です。
詳細は決定次第ご案内いたします。


ジュースやお酒を飲んだり、ご飯を食べたりしながら科学を楽しむトークライブ「阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ」次回、2019年5月5日(日)のテーマは
阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA)
遺伝子書換の時代~遺伝子を書き換えたらおじさんが美少女になった件

です。チケットは阿佐ヶ谷LoftA 公式サイトで前売り販売中です。よろしくお願いします。
(諸般の事情で今回、当日券を100円値上げさせていただきました、ご容赦ください)

【開催概要】
2019年5月5日(日曜日) 12時開場、13時開演、15時30分ごろ閉演
チケットは 前売り2300円、当日2700円 です。
前売りチケットはこちらからお求めください
会場:阿佐ヶ谷ロフトA(東京・JR総武線 阿佐ヶ谷駅から徒歩数分)地図 

【タイムテーブル】
12時開場
  「遺伝子はこんなことも決めている」スライドショーのもぐもぐタイム
  ランチタイムの開催ですので、ランチを兼ねてご来場くださいね。
13時開演
  途中休憩
15時30分閉演

【イベント内容】
・サイエンスコミュニケーターおびおが近年の遺伝子書換技術の解説や、中国で誕生した遺伝子書換ベビーの誕生の意味、遺伝子書換技術の未来について、科学の知識のない方にもわかる平易な解説をスライド付きで行います。来場者の方はイベント会場の飲食メニューをお楽しみいただきながら過ごしていただくイベントです。サイエンスカフェや勉強会とは異なりますので、資料の配布や授業的な進め方はしません。あくまでも、科学を楽しむためのイベントです。
・子供さんにもご来場いただけますが、説明内容は大人向けです。
過去のイベントの様子はこちらからみることができます。

【物販】
・ヴォイニッチの科学書年報 2018年版 3000円
・ヴォイニッチの科学書別冊1、2、3 各800円
・イベント録画ディスク 14 神経伝達物質フレンズ 1000円
・イベント録画ディスク 19 ご注文は人工衛星ですか 4基 1000円

阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA) 

阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA) 

阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA) 

阿佐ヶ谷ダイナーヴォイニッチ「遺伝子書換の時代」(5/5 阿佐ヶ谷LoftA)



2019-05-05 : お知らせ : コメント : 0 :

GraveTalk/グレイブトーク #06「音声コンテンツのこれから – 2/3」

今日聴いたポッドキャスト
GraveTalk/グレイブトーク #06「音声コンテンツのこれから – 2/3」
GraveTalk/グレイブトーク #06「音声コンテンツのこれから – 2/3」

ツイッターでポッドキャストのマネタイズなどの話をしている、と教えていただいて拝聴。
ぜひ皆さんも上のリンクから聴いてみてくださいね。短い番組で、語りも聞きやすいです。

番組の要旨は3点
1.ポッドキャスト(音声コンテンツ)のマネタイズ
2.書籍の本が好きな人を音声コンテンツに引き込むには
3.書籍の本を広げるためのオーディオブックの活用法

私自身も「最新科学情報ポッドキャスト番組 ヴォイニッチの科学書」ってのを 2003年からやってます。ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信する音声コンテンツで(書籍版もありますけど)、無料版は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。無料版のリスナー数は直近のデータで1週間のユニークなIPアクセス数で2万から4万をふらふら・・・一時期の毎週8万くらいに比べると半減していますけど、それでもこれだけ多くの方に聴いてくださってありがたい限りです。

で、16年やってきて上記の1~3について思うこと・・・

1.の音声コンテンツのマネタイズ。もちろん、プロの放送局コンテンツは除いての話ですがいろいろ難しいです。まずなんといっても番組中でも語られていましたが、プラットホーム(有料配信を請け負ってくれるWebサイトなどのシステム)がないこと。
無くはないですけど(ちょっとした投げ銭システムとか)、知名度皆無なサイトから配信してもリスナーが付かないので、だいたい失敗します。iTunes などで有料配信ができれば、まぁ、便利なのかもしれませんけどその動きはない(ですよね?)。オーディオブック.jp は有料配信できて集金までしてくれますが、何せプラットホームに支払う費用が高額なので(同人通販サイトBOOTH の10倍くらい)、システムの使用料を年間何十万も払って、さらに売り上げから従量制で相当額を抜かれて、それでもコンテンツを維持できるほどリスナーさんを集めるのは・・・看板(「日経」とか)がないと難しいですし、そもそも、着手時の超えなければならない壁が高いですよね。
さらに言えば、高品質のポッドキャストを作るのにアドビオーディションなどちゃんとしたソフトを使えば、それだけで年間10万弱追加で必要ですよね、アドビCC 一括として。

実は、QR決済も試してみたことがあるのですが、結果は惨憺たるものでした。こういういい方は悪いですが、クレジットカードで決済していただいて、毎月自動更新、ってのが理想的です、配信する側からいえば。毎月、クレジットカードの期限切れで脱落するリスナーさんが多いことからも逆説的にこのシステムが優れていることがわかります。

1.についてさらに難しいのは、お金を払ってくださる高品質、あるいはマニアックなコンテンツを継続して提供できるか、という大問題。ネットの記事を読んでコメントするような番組は元ネタが他社の著作物なのでマネタイズは難易度が高いですし、じゃぁ、オリジナルで・・・っていうことになると、シロウトの雑談にどれほどの人がクレジットカード情報を入力してまでお金を払ってくれるか・・・。幸い、科学領域は論文やプレスリリースがありますので、元ネタ問題はクリアできるわけですが。

2.の紙の本が好きな人をオーディオブックに引き込みたい。これは、番組中でも語られていた通り、「ながら」ができる点は最大のメリットです。音声のみコンテンツは「ながら」を想定して番組原稿を作っていることが多いからなおさらです。実際に、ヴォイニッチの科学書でも家事をしながら、運転をしながら、通勤途中に、寝る前に何となく(聴いている途中で寝る)、というのが最も多い聴かれ方なのではないかと思います。ので、そこをPRする。

メリットとして、ながらを想定していますので、ある意味、説明がくどい点があります。テレビであれば何かの映像を映して「グラスにこのように注ぎます」の一言で済むシチュエーションも、音声コンテンツであれば、片手で持てるくらいのグラスに、グラスの内側をつたわせるようにゆっくりそそぎ・・・うんたらかんたら」って映像を言葉で表現することになりますので、目の不自由な方へ向けたコンテンツにも向いています。

ヴォイニッチの科学書は当初より目の不自由な方を想定した放送原稿を書いています。場合によっては、トークに出てくるものを生まれてから一度も見たことが無い方もおられるわけですので、その方にもわかるように気を配って、それなりのニーズを頂いています。

3.の紙の本を広げるためにオーディオブックを。これは、私自身 Kindle で読んでよかったものは紙版で買いなおした入りしていますので、潜在的にニーズはあると思います。ただ、この方向性はマネタイズは難しいでしょうね。出版社と組んで、月刊紙のあらすじをポッドキャストで無料配信する。収益は出版社からの費用を頂く、そうなるのではないかと思います。欧米の科学雑誌はこれを熱心にやっていてますが、日本の科学雑誌は Newton でさえやってないですね。私自身、営業に行く時間もないので動いていませんが、これはいつか機会があればやってみようと思います。数万人のヴォイニッチの科学書のリスナー数は、発行部数の少ない科学雑誌から見るとオイシイはず・・・と取らぬ狸。

私自身、現状の有料版についてはいろいろと改善して、リスナーさんの満足度をより高めたいところも多数あるので、もうえぇ歳なのでこの辺を考えることに取り組まなければ、とは思ってます。自分の番組を毎週確実に更新することに手いっぱいで、音声コンテンツの市場まで注意を払っていなかったのですが、この番組によると音声コンテンツ市場は急拡大とのことですので、これからもがんばっていきたいなぁ、と思ってます。




2019-04-24 : 地下サイエンスコミュニケーターの日常 : コメント : 0 :

日経ビジネス 2019年4月22日号

今日読んだ雑誌
日経ビジネス4月22日号
特集記事は「強くなれる給料 日立、ユニクロ・・・あの企業も動いた」

日経ビジネス 2019年4月22日号

〇特集 強くなれる給料
日経ビジネス 2019年4月22日号 

最近、ツイッターなどでもしばしば目にする「日本だけが給料上がってない」問題について、企業はどう取り組むべきかの記事です。
日本の給料が上がっているのかどうかについては、議論さえしていません。明確に「上がってない」と断定したうえで、ではどうしようか、ということになりますが、結論から言えば例えばユニクロや日立製作所ほどの改革をする高い意志がなければ、この先はじり貧確定・・・。

中国では(真偽はともかくとして)GDPに沿った形で、1年間で人件費が7パーセント程度上昇しています。そのため、ミスドのような100円台のものを売って儲けるビジネスは都会ではもはや成立しなくなっています。物価の上昇を賃料を指標にすると、上海では7年で10倍。

とはいえ、日本の物価も上がっていますよね。たとえば、ビール。10年前は中ジョッキ350円~500円だったのが、いまでは(ブランドの違いはあるにしても)都心ではビール1杯が1000円でも「高くなったなぁ~」と言いながら飲んでいますし、プラモデルはちょっと前までは 1/24自動車なら1000円台だったのが今では3000円台にまで値上がりしています。ラーメンも1杯1000円で食べられれば「まぁ、こんな感じかな」と、トッピングを追加すれば楽勝で1000円を超えます。文庫本も1000円より安い文庫本を探すのに苦労するほど(もちろん、値段で本を選ぶわけではないですが)。私は食べないのですが、マクドナルドや牛丼屋さんも値上がりしていると聞きます。

一方で、確かに給料が上がったという実感はありません。「自分の努力不足なのだろう、自分だけ上がっていないのだろう」と思っていたのですが、どうも、みんな上がっていない様子。物価はこれほど上がり、有料配信している「ヴォイニッチの科学書 有料版」は情報入手コストが急増しているにもかかわらず、オーディオブック・ジェーピーは毎日寝ていても売り上げが上がるコンテンツビジネスのため、値上げする気もなし・・・リスナーさんにはうれしいことかもしれませんが、ヴォイニッチの科学書有料版はこのままではそう遠くないうちに原価割れして続けられなくなると思います。(ぐち・・・

この記事によると「働き手の残業代などを除いた所定内給与の伸び率はなんと、18年間でたった 0.8%」。中国は1年で7パーセント給料が増えているのに、日本は18年間で1パーセントにも満たないという現実。下のグラフは18年間の年収比較。横軸は年齢で、縦軸はその年齢の年間所得。日本の1000人以上の企業の統計です。総体としては0.8パーセント上昇証しているけれど、従業員1000人以上の企業に限定して、個人個人を見るとむしろ減っている・・・ということです。

日経ビジネス 2019年4月22日号 

多くの大企業が、人件費削減のための「名ばかり成果主義」を導入した結果、成果主義の名のもとに運と主観で給料を決定することとして、人件費の削減に成功した結果がこれ。企業は賃下げには成功し、40代前半についてみれば、日本全国で毎年5兆円の人件費削減に成功している計算になります。しかし、人件費を削減した結果、仕事のやる気のない「雇用保護者(=フリーライダー)」の急増で、企業の業績は負の連鎖に陥っています。

年収ベースで中国や米国に日本企業が追い付こうとすれば、年収をいきなり数百万円、部長クラスでは1000万円上げなければならず、そんなことに耐えられる日本企業はわずかでしょう。それだけ上げれば優秀な人材は集まるでしょうけれど・・・。でも、それをやってでも会社の業績を上げようとしている企業の取り組みとして、LINE、日立製作所、伊藤忠商事、メルカリ・・・などの取り組み例が挙げられています。以下省略

〇テクノトレンド 水素利用の燃料電池 ドローンにバス、海外で導入
日経ビジネス 2019年4月22日号 

これ、知らなかったのですが、今、海外で水素を車両に搭載する燃料電池車が急成長しているのだとか。日本ではなんだかんだいっても「水素ステーションが―――」とかいって、鳴り物入りで登場したトヨタ自動車の「ミライ」も、近場を走り回る営業車でしかニーズがない状態と聞きます。個人ユーザーはねぇ、旅行で行った先に水素ステーションがあることなど稀ですので乗れないですよね・・・買い物用のセカンドカーとしての利用ならともかく。

燃料電池車の先進国(だと思う)日本でさえその状況ですので、水素を搭載する燃料電池車の将来は暗いだろうな・・・と思いきや、世界各国ではけっこう増えているそうで。記事ではフランスの鉄道や中国のバス、米国の配送トラックが紹介されています。これらの国では水素ステーションの拡充も進んでいて、そう遠くないうちに日本を追い越すだろう、とのことです。どうしてこうなった・・・・
これまた、日本が企業体力を失ってもたもたしている間に、せっかく先鞭を切ったのに気がつけば周回遅れ・・・の電気製品や液晶パネルと同じ状況。笑えない。

現在、中国が電気自動車先進国であることは否定しがたい事実ですが、北京オリンピックの時を思い出してください。あの時中国は、北京のバスを電気自動車にする、といってなんと、大型バッテリーを大量に準備し、バスから取り外して充電している間に、バスには充電済みのバッテリーを取り付けて走らせるという、チカラ技で電気自動車を走らせましたよね。日本のエンジニアの多くが「えぇぇぇ、だっさぁぁぁ」と思っていたのではないでしょうか。自社の先進技術を過剰に素晴らしいものだと思い込み、装置やインフラとセットの非常に高い理想を持った結果、一歩を踏み出すことができず、「だっさぁぁぁ、日本はもっと洗練されたシステムができるもんねぇ」と言っている間に気が付くと挽回できないほどの遅れをとっている・・・どんだけ同じ過ちを繰り返すのでしょうか。

〇宇宙ゴミをめぐる新ビジネス
日経ビジネス 2019年4月22日号 

宇宙ゴミ問題については、ポッドキャストのヴォイニッチの科学書でも頻繁に話題にしています。今、宇宙空間を漂うロケットや人工衛星の残骸が宇宙ゴミとして大問題になっています。宇宙ゴミは高速で飛行していますので、1ミリメートルのごみであっても、人工衛星に衝突すれば手りゅう弾に爆発に匹敵します。

そこで、ごみ回収人工衛星を使って宇宙ゴミを回収するビジネスがこれから有望だ・・・という記事なんですけど、そんなもん、無理です・・・いや、ごみ回収衛星を開発して、宇宙ゴミを回収する実験は成功するでしょうし、革新的だ、と称賛されるでしょう。けど、すでに大量に存在する微細な宇宙ゴミをそうやって回収するつもり?って思ってます。たとえるなら、「砂浜をきれいにしましょう、ごみを拾いましょう、ただし、清掃車には1台に1個しかごみを乗せてはいけません」って言っているのと同じですからね・・・。「ゴミ回収人工衛星を開発しました、打ち上げ費用を含めても1億円まで劇的なコストダウンができました、この衛星で宇宙ゴミを10個回収できます」・・・・それっていったい。私が知らないだけで、宇宙ゴミ1個を100円(それでも高いと思うけど)で回収できる技術があるんだよ、とご存知の方はぜひご教示ください。
全く新しい技術で、1基の人工衛星で大量のごみを一気に回収する技術を確立しないとビジネスにならないっすよ、これ・・・。数億円かけてごみ一個回収するより、数億円かけて衛星の外装を丈夫にする方がよっぽど・・・(以下自粛


2019-04-24 : 最近買った本 : コメント : 0 :

【最新刊】ヴォイニッチの科学書別冊3 PDF版ブラックホール BOOTHヴォイニッチの科学書購買部で通販開始

宇宙は謎に満ちています。
宇宙の多くの謎は、最新の天文衛星や、超巨大干渉計で論理的に説明されてきましたが、説明をされてもなんだかよくわからず、やっぱり頭の中では謎のまま残ってしまうことが多いものです。

ブラックホールはその代表ともいえる天体だと思います。
最近、ブラックホールシャドウの撮影に成功した! という話題でテレビのニュースやネットが盛り上がりました。
正直に言います。
「なんかちがう、ブラックホールそのものがみたいよー!」
ということで、現在の最新科学でブラックホールがどこまでわかっているのか、ちょっとまとめてみました。
>> BOOTHヴォイニッチの科学書購買部はこちらです 
書籍版は現在印刷中で4月28日ごろ通販開始予定です。

【最新刊】ヴォイニッチの科学書別冊3 PDF版ブラックホール BOOTHヴォイニッチの科学書購買部で通販開始 【最新刊】ヴォイニッチの科学書別冊3 PDF版ブラックホール BOOTHヴォイニッチの科学書購買部で通販開始 【最新刊】ヴォイニッチの科学書別冊3 PDF版ブラックホール BOOTHヴォイニッチの科学書購買部で通販開始 【最新刊】ヴォイニッチの科学書別冊3 PDF版ブラックホール BOOTHヴォイニッチの科学書購買部で通販開始 


2019-04-21 : お知らせ : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。科学に関する話題の本館は別ですのでよろしくお願いします。
ブログ:科学っぽかったりサブカルだったり
http://obio.blog.fc2.com/
ツイッターアカウント:@cradiobio
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系

スヴァールバルの画像保管庫

フリッツ・ツビッキーのご意見箱

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR